ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

解決済み:macOSアップデートでPremiere Pro 2020 が立ち上がらなくなった

 追記:2020/03/31

Time Machine からの復元で、 macOS Catalina 10.15.3 に戻すことができました。

Time Machineを利用していて良かったです。

support.apple.com

注意ポイント:最新のOS(OSX)に誘導されることがあるかもしれないので注意が必要。

 

***********************************

 

【以下の記事は 2020/03/30 記】

macOSアップデートでPremiere Pro 2020 が立ち上がらなくなった、を忘備録的アップします。

 

Macからのエラーメッセージです。

f:id:roba3500:20200330210157j:plain

f:id:roba3500:20200330211017j:plain

 

Adobeからのエラーメッセージです。

f:id:roba3500:20200330210503j:plain

 

先日購入したMacBookPro 2019 でサクサク動いていた Premiere Pro 2020 が突然立ち上がらなくなるトラブルに見舞われました。

さあ大変といろいろネットで調べてみると、どうやらMacOsに関係ありそうな気配です。

 

つい先ほどまで macOS Catalina 10.15.3 で動いていたのに、ちょっとした油断から 10.15.4 に上がっていました。

これはMacBookPro2019のデフォルトの設定が、自動アップデートされる仕様になっていたためです。

 

古い方のMacBookProは macOS Catalina 10.15.3 のままでしたから今のところ動いています。

こちらは手動でアップデートするように設定し直していたから救われました。

しかし中を調べてみると、Libraly に Updates というフォルダが作られており、調べたらこのファイルは macOS Catalina 10.15.4 のアップデート用のデータでした。

つまりダウンロードまではすでに終了しており、ワンクリックで知らずにアップデートしようものなら、同じ痛い目にあっていたのです。

と言うわけで、念押しで、このUpdatesフォルダーを一旦 Librarly から外へ移動させておきました。 

間違ってもアップデートさせない所存です。

 

ところで新しい方の MacBookPro2019はmacOS Catalina 10.15.4 にアップデートされたので、どうしようか思案中です。

せっかくAdobeを使おうと準備したのに、がっかりです。

 

DS_Lebel_Lpveさんのじゅんちゃんさんも危ういところだったようです。

はやくmacOS Catalina 10.15.4に上げろ、とMac側が催促していたが、たぶん時間がなくてほっといたのだと想像しますが(違っていたら、ごめんなんさい)10.15.3のままだそうです。

怪我の功名でしょうか、、、でも良かったです。