ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

Adobe Premiere Pro 動画編集 ノイズを消す簡単な方法

YouTubeなどのモトブログ をやっていて、走りながらコメントをしていると、どうしても雑音(ノイズ)が入ってしまうことがあります。

マイクとの配線の具合だったり、風切り音だったりする場合など、原因は色々あると思います。

 

f:id:roba3500:20200613063509j:plain

 

セットの仕方が悪いせいもあるでしょうが、一旦撮った動画の音声を再度撮り直すのは大変だし、上手くいかないことも多いです。

 

そんな時に、音声からノイズだけを消すことができれば便利です。

Adobeのソフトには、ノイズを消すためのいろんな方法が用意されていますが、私がまずやってみて良かった方法をお教えします。

とても簡単な方法です(ここが大事)。

それには動画作成用のソフトpremiere Proを使います。

動画を作成する上での一つのステップとして実施すると良いと思います。

 

その方法とは、クロマノイズ除去です。

まず、

  1. エフェクト
  2. オーディオエフェクト
  3. ノイズリダクション/レストレー

まで開いて、

 クロマノイズ除去

f:id:roba3500:20200613063128j:plain

を適用します。

 

適用とは、クロマノイズ除去を音声にドラッグ&ドロップします。

f:id:roba3500:20200613063154j:plain

これだけである程度ノイズを除去してくれます。

 

さらに細かく調整したければ、

 フォーカスの処理

f:id:roba3500:20200613063246j:plain
を使います。

これは低周波、中周波、高周波など波形を簡易に除去してくれる機能で、実際に波形を見ながら音を聞いて試していきます。

最も良いと思われる音を聞いて判断します。

 

それから適応の

 

f:id:roba3500:20200613063306j:plain

を変えることもできます。

これにはノイズのみを出力にチェックを入れてノイズだけを聞きますが、この操作でカットしたくない音声が含まれていたら量を減らします。

量を増やしたり減らしたりしながら音を聞いて判断します。

 

作業のやり方としては、ヘッドフォーンを使うと良いです。