ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

Ninja400足つき改善のその後

f:id:roba3500:20200414143208j:plain

私はリターンライダーですが、足つきの悪さから、一度バイクを降りた経験があって、今回は失敗しないように、最初から車高を下げて納車しました。

あれから4ヶ月、現在の様子をまとめてみたいと思います。

 

足つきを心配されている、特に初心者の皆様のお役に立てれば幸いです。

 

立ちゴケする時はするし、慣れれば問題ない、とか言う人も多いけど、確かに言い分は理解できなくもないけど、しかし最初から立ちゴケしたくてバイク買う人はいないし、できればしたくない人がほとんどだろうと思います。

また立ちゴケだけではなく、とっさの危険回避にも、足つきが悪いのは心配があります。

これらの心配は当たり前のことで、足つきの悪い人にしかわからない、しかも慣れていない初心者の人たちの共通の問題です。

特にベテランや熟練者になると、足つきは些細な問題という人が増えるけど、初心者には切実な問題だと思うんです。

できることなら立ちゴケなどすることなく、バイクライフを送った方が良いに決まっています。

私自身がそうだったし、いまでも足つきは良いに越したことはない、と信じています。

さらにいうと、楽しくバイクに乗る要素の、大事な部分を占めていると考えています。

f:id:roba3500:20200414143428p:plain
一度失敗した自分は、今度は失敗したくない、というそんな思いから、最初にとった行動は、納車前に車高を低くすることでした。

購入前にバイクにまたがらせてもらったときに、両足で爪先の母子丘の部分までは着きましたが、やはりNInja400は比較的楽なポジションとはいえ、セパハンのスポーツタイプのバイクだったので、不安がありました。

以前CB400を降りた時も、足つきの不便さから降りていたので、尚更でした。

その経験から、失敗したくない思いが強くて、最初から2cm車高を下げてもらったんです。

 

これは、結論から言うと、大正解でした。


この2cmのアドバンテージが私に余裕をもたせて、足付きのプレッシャーから大部分を解放してくれました。

f:id:roba3500:20200414144056p:plain

次の話として、車高を下げると、バイクの性能が下がるのではないか、と思われるかもしれませんが、それは全く心配ないです。

なぜなら、そもそも足つきを気にするような初心者に、バイクの僅かな性能の違いなど分かるはずはないからです。

ベテランでも、本当にわかる人が何人いるのでしょうか。

サーキットでタイムアップを目標にしている人や、峠を攻めているような人ならわかりますが、この動画を参考にしようとしている方は、大半が今のところはそんなレベルではないと思います。

もしサーキット走行を目標にしていたとしても、それはバイクに慣れて、ある程度レベルアップしてからサーキットにチャレンジする方が賢明です。

f:id:roba3500:20200414144308j:plain
私は、それから何ヶ月か乗った後、さらに車高を下げることを考えました。

この時は、どこまで下がるのだろうと思ったことと、純正のシートがいまいち固かったからです。

で、つぎに考えたのが、シートのあんこ抜き改善でした。

しかし、あんこ抜きは、以前バイクに乗っていた頃、相当昔の話ですが、業者さんに頼んだものの、お尻が痛くなるような出来栄えで、これは失敗でした。

あんこ抜きはあんこの抜き方で、出来栄えが違うので注意が必要だと思いました。

今回は、ネットの情報をもとに、いろいろ調べて発注したんですけど、その中に調子が良くなったと言う方がいて、大変参考になりました。

それでも五分五分だろうと思っていましたが、ラッキーなことに車高が低くなっただけではなくて、クッション性も良くなって座り心地まで改善しました。

ちなみにこのシートはゲル入りのシートです。

 

f:id:roba3500:20200414144527p:plain最初の納車前にしてもらった車高ダウンは、リンクプレートを変えたもので、これで2cm下げました。
このリンクプレートとゲル入りのシート両方の改善で、計算上は2cm+2cmで4cm下がったことになりますが、実際は3cmくらいだと思います。

リンクプレートは機械的に確実に2cm下がりますが、あんこ抜きは体感上、下がったような気がする感じです。

それでしばらく乗っていましたが、足つきに関しては問題がなくなって、停車するときに左足を少し滑らせて立ちゴケしそうになった時も、うまく回避することができました。

純正のままの足つきだったら倒れていても不思議はありませんでした。

 

 

そんなメリットを享受しながらも、純正のNija400に乗ったことがなかったので、乗ってみたいと思うようになりました。

そう思い始めたのは、多少バイクに慣れてきて、取り回しに不安が減ってきた頃です。

そこでリンクプレートを元に戻してみました。

シートも純正に戻して、つるしの状態で乗ってみました。

バイクに多少慣れていたせいもあったので、うまく乗ることはできましたが、やはり足つきの悪さから、3cm改善したときのような感じではありませんでした。

 

 

今現在は、シートをあんこ抜きのものにして、1cm改善で乗っています。

これで問題はほとんどないのですが、今度の半年点検の時に、リンクプレートを変えて更に2cm下げて、納車時の状態にしてもらうつもりです。

ノーマルの状態で乗っても、3cm下げて乗っても、私の腕前ではドライビングの変化は感じられないし、見た目も違和感はありません。
厳密に言うと、目線の高さが変わるのと身体が起きるので、その違いは分かります。

ということで、全く気にする必要はないと思ったんです。

やはり足つきに余裕があれば、それだけ気持ちに余裕が生まれて、ライディングも楽しめます。

余計な不安要素は取り除いておく方が良いです。

購入時に余分なお金はかかるけど、心配を払拭できるなら、コストパフォーマンスはとても良いと思います。


本当に乗り慣れて、うまくなってサーキットでタイムを競うようになったら、元に戻すことを考えれば良いのではないでしょうか。

うまくのれるようになって、バイクをつるしの状態で乗りこなせるようになったら、

その時は言ってやってください、

「足つきは慣れるから心配ないよ・・」って。

 

  

ROBAのYouTubeです。

www.youtube.com