ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

私のコーヒーの流儀

f:id:roba3500:20200420100754j:plain

私はコーヒーは好きだけど、いわゆる通ではありません。

バリスタのような専門家の真似は全くできないし、コーヒー豆にも詳しくありません。

でもコーヒーを飲むのは好きです。

ディーラーへ行った時は、必ずホットコーヒーを頼みます。

自動販売機やコンビニへ行った時もコーヒーを買うことが多いです。

こだわりは無くて、その程度のコーヒー好きです。

f:id:roba3500:20200420100832j:plain

ところで近年、その程度のコーヒー好きが、近くにできたコーヒー専門のお店に行くようになりました。

以前はちょっと遠くまで買いに行ってましたが、近くにできたので便利になりました。

ここは喫茶店とコーヒー豆の売り場が一緒になっています。

茶店の方は女性客で賑わっていますが、私は興味がないので寄りません。

コーヒー豆だけを買って帰ります。

このお店はチェーン店です。

なぜか気に入ってます。

f:id:roba3500:20200420100907j:plain

この店のCOFFEE GUIDEに載っている豆をコンプリートしました。

豆に点数をつけたので私の好みを紹介します。

深煎り
MANDELIN GRADE-1 10点
BRAZIL GUAXUPE CLASSICO 9.5点
GUATEMALA SHB HUEHUETENANGO BARBARA ESPECIAL 9点

中煎り
COSTA RICA AQUIARES 8点
EAST TIMOR SUNRISE MOUNTAIN 8点
PAPUA NEW GUINEA TROPICAL MOUNTAIN 8点

浅煎り
COLOMBIA CLEOPATRA 8点
ETHIOPIA YIRGACHEFFE GRAID-1 8点
TANZANIA AA KIBO 9点

KURASHIKI BLEND✖︎4 8点

でした。

この結果をみていると、深煎りが好みのようです。

深煎りは、もっとも一般的なコーヒーらしいコーヒー味ではないでしょうか。

飲み慣れた味わいで、この結果からも、私がふつうのコーヒー飲みということがわかります

中煎りは、バランスの取れた味わいだそうですが、私の好みではないようです。

浅煎りのフルーティな味わいは全く分かりません。

でもコーヒーは好きなので、中煎りだろうが浅煎りだろうが、出されたら飲みます。

不味くはありませんから。

f:id:roba3500:20200420100950j:plain

コーヒー豆は自分んで挽きます。

コーヒーミルは、臼式(グラインド式)です。

上下2枚の歯でコーヒー豆を臼のようにすり潰して挽くタイプで、長年使っています。

長年というのは数十年です。

長年使っているので、臼歯に微粉が残っているかもしれませんが、気にしないです。

本物のコーヒー好きは、豆が混ざるのを避けるため、この辺りも注意するのでしょうね。

コーヒー豆は、煎り方とか挽き方とかでも味が変わってくると思うので、なかなか奥が深いと思われます。

f:id:roba3500:20200420101228j:plain

私はいろんなコーヒー豆を自分が使っているミルで挽いて、同じコーヒーメーカーで入れます。

たまにペーパードリップで入れることもあります。

コーヒーの良いところは、心を豊かにしてくれるところです。

大袈裟な言い方ですが、ほっとする味わいが好きです。

ドンクのフランスパンが好きです。

このパンとの付き合いも長いです。

娘が私のドンク好きを知っているので、デパ地下から買ってきてくれます。

このフランスパンにバターを塗ってコーヒーを飲むのが至福の時です。

ほんとうに大袈裟ですが、生きていて良かったと思える時間のひとつです。

 

 

ROBAのYouTubeです。

www.youtube.com