ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

腰痛とぎっくり腰

f:id:roba3500:20200506180014j:plain
腰痛とぎっくり腰です。

腰痛とぎっくり腰は、若い頃からの持病のようなもので、ずーっと苦労しておりました。

父親が同じような体躯で、同じように腰痛で悩んでいました。

私の母は、自分が死ぬときに、ROBAの腰痛をあの世へ持っていってやる、と言ってました。

それくらい母は横から腰痛で苦労するROBAを見ていたのです。

 

若い頃から何度か検査をしましたが、ヘルニアとか椎間板がずれているとかではなかったです。

腰痛には、原因の元になるものが、色々あるようです。

私の場合は、神経とか筋肉の筋とかではないか、と医者からは指摘されましたが、はっきりしたことは分からないとのことでした。

筋肉が弱っているからだ、鍛え方が足りない、と言われたこともありましたが、筋肉隆々の水泳選手だった人が言うには、俺の身体は筋肉隆々だけど、ひどい腰痛と言ってました。

その水泳選手は、鍛え方が足りないせいではない、と言いたかったのです。

確かに鍛え方が足りなくて腰痛になる人もいるとは思いますが、ROBAが言いたいのは、全ての原因がそれではないのでは、と言うことです。

 

また治療についても、お灸や針も試しました。

ぎっくり腰で動けない時に鍼灸師さんに来てもらって針治療をしました。

鍼灸師さんは、治療が終わった後、「はい、立てますよ、立ってください」と言いましたが、状況は全く変わりませんでした。

鍼灸師さんは「あなたには針は効かないみたいですね」と言い残して帰られました。

そんなもんです。

効く人もいればそうでない人もいるのですよ。

ただ苦しみだけが同じなんです。

 

若い頃、ぎっくり腰になって整形外科へ運んでもらって医者に言われたことは、横になって動くな、じっとして動くな、でした。

しかし最近は、じっと動かないでいるのは良くない、に変わりました。

私からすると、全く反対じゃないかい、と言いたいです。

がまんしてじっと横になっていたのは、なんだったんだ!

でも仕方ないですよね、医学の進歩ですから(笑)


それで最近なんですが、まあまあ調子が良いです。

この数年、ぎっくり腰になっておりません。

ひとつには、ごろんごろん体操が良かったのではないかと思っています。

なんか腰の調子が変だぞ、と予兆を感じたら、このゴロンゴロン体操をします。

asajikan.jp

毎日するわけではありません。

たしかに効果があると思います。

テニスでサーブの練習をしすぎた時など、腰に的面きますが、このゴロンゴロン体操でなんとか抑え込みます。

それから四股を踏むのも良いようです。

おかげで様で、蹲踞(そんきょ)が深くなりました。

しかし、これは私の効果であって、あなたに合うかどうかは分かりません。

腰痛の苦しさ(歯がいさ)はよくわかるので、安易にこれが効くとは言えません。

腰痛など、死に直結しない病(病として認めてもらえないこともある)は、他から見ると軽んじられます。

腰痛持ちの皆様、早い回復を願うと同時に、自分なりの解決方法を見つけられることを願っております。