ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

路面電車の延伸

今回は、路面電車の延伸、の話です。

 

f:id:roba3500:20200519224930j:plain

 

熊本市において路面電車が嫌われ者だったのは過去の話のようです。

高度成長で自動車がもてはやされた頃、車中心の考え方から車の通行の邪魔もの、として路面電車廃線が続きました。

たしかに当時は、路面電車の乗客数も車にとって変わられ、その役目を終えたかのように思われていました。

 

しかし近年、また路面電車が見直されてきています。

理由はひとこと、便利だからです。

車も増えすぎると不便この上ありません。

交通渋滞然り、駐車場の問題然り、また効率も決して良いとはいえません。

あれだけのスペースに一人だけ、のパターンが最も多いそうですが、それも側から見ていればうなずけます。

都市において、車は便利とは言い難い状況にあるのは、大都市東京を見れば明らかです。

熊本市のような地方都市では、まだまだ車の利用率が高く、実際に車がなければ不便でならないのも事実です。

これは車に変わる交通手段がないからです。

しかし熊本といえども、中心街とその周辺に限れば、車以外の乗り物、バスや路面電車を利用する仕事人や学生は多くいます。

それは大都会東京と一緒で、主に駐車場不足や料金が高いこと、それから渋滞などがあるからです。

 

f:id:roba3500:20200519225033j:plain

 

熊本市では、路線を延伸する計画が上がっています。

他の地方都市でも路面電車が見直されている話を聞いたことがあります。

実際に街の中核が少しずつ広がっており、路面電車の乗客数も見込めることから、そのような計画があるのです。

熊本市のアンケートでは、83%の人が延伸に賛成しています。

私は直接恩恵に預かることはありませんが、熊本市電の延伸に賛成です。

 

車やバイクが我が物顔は、ちょっと変じゃないですか。

バイクは勿論のこと、私は車が好きです。

昨年の11月以降はバイクにハマっていますが、それまでは車にハマっていて、長年、車のオフ会に参加していました。

と言うわけで、車嫌いということではありません。

路面電車は、大都会の地下鉄のような便利な役割も一部ある、ということです。

 

f:id:roba3500:20200519225104j:plain

 

それに熊本市路面電車が風景に溶け込んでいます。

路面電車が走っている姿は、けっこう絵になって良いと思います。

 

これから高齢化社会で年寄りがさらに増えてきます。

路面電車は老人にも優しいところがあります。

あのスピード感など、なかなか良いではないですか。

そんなに車で急いでも、ゆっくりの路面電車の方が早く着いたりします。

私は車もバイクも使えなくなったら、路面電車で楽しもうかと思っています。

来年から、通常運賃の2割を負担(8割引)で利用できるんですよ。

市営バスも同じです、と言うか、熊本市の施設だったら全てです。

以前は無料だったけど、2割負担になったのが残念です・・・(笑)

 

車やバイクを運転する皆さん、どうぞ路面電車にご理解と愛を、よろしくお願いします。

f:id:roba3500:20200520065109j:plain