ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

水を使わないバイク洗車

水を使わないバイク洗車です。

 

今日(5月5日)は出かけられなかったので、バイクをきれいにしました。

私はバイクを洗うときに水を使いません。

水を使うと錆びやすいのと拭き上げなどが面倒だからです。

 

使うものは、プレクサスとシリコンスプレーです。

いきなりアフィリの広告ですみません(^^;;

シリコンスプレーはできるだけ安いものを購入しましょう。

プレクサスはドンキホーテが安いと言われていましたが、それほど安くはなく、すでに高くなっているようです(こちらのドンキーは、です)。

 

私のバイクはひどい汚れ方をしたことがないのでこれだけで賄えますが、泥がこびりついている場合などは水洗いしてからの方が良いのではないでしょうか。

まあ、お分かりかとは思いますが老婆心まで。

f:id:roba3500:20200505154105j:plain

水が残っていてもOKです。

プレクサスは、たくさん振りかけます。

綿もしくはマイクロファイバークロスで拭きます。

拭き方は優しくです。

ホコリを取るくらいの調子です。

 

私は事前にホコリ取りで、サーッと拭いておきますが、これ必要ないかもです。

f:id:roba3500:20200505154135j:plain

むしの死骸などがこびりついている時は、多めに吹きかけて時間を待って、虫が浮き上がってきてから拭き取ります。

とりあえず吹き上げたら、仕上げにマイクロファイバークロスで拭きます。

ピカピカになります。

本当にピカピカになります。

嬉しいくらいピカピカになります。

 

他にも似た製品を使いましたが、高価なだけでダメでした。

これにはがっかりしました。

似て非なるものでした。

商品名を書きたいけど、止めておきます。

 

プレクサスは、どこにでも使えるらしいのですが、エンジンとかどうでしょうか。

私は基本的には、外装の部分に使っています。

 

そこで、シリコンスプレーの登場です。

エンジンやネジの部分は、シリコンスプレーを吹きかけます。

同じように拭き上げますが、あまり神経質にやる必要はないとのことです。

 

f:id:roba3500:20200505154159j:plain

ブレーキとエキパイはやらない方が良いようです。

ブレーキに良くないのはわかると思いますが、エキパイは白く塩の塊のように残ることがあるそうです。

エキパイは、グリーススプレーを使っているとありましたが、まだ十分に検証が済んでいないとのことです。

 

どうでしょうか、すっかりきれいになりました。

これで錆を防いでもらいます。

この洗車の主旨は、錆びさせない、サビが嫌いだ、と言うことです。

 

ネタを明かすと、これには先生がいて、下記です。

 

しかしそれにしても暑いですね。

汗をかきました。

水分を補給しておきましょう。

この記事は明日アップ予定なので、その頃はすでにツーーリングを終えていると思いますが、きれいになったマイNinja400で、阿蘇大自然を満喫する姿を今から思い浮かべています。

楽しみです(^^)