ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

アンプラグド

f:id:roba3500:20200428090505j:plain

プロコルハルムの「青い影」を聴きながらこの記事書いています。 

音楽の話は久しぶりです。

ジミー・ページというかレッド・ツェッペリンなんですが、「天国への階段」は確かレコードがあったよなあ〜、と探してみました。

ありました。

「永遠の歌」という日本語タイトルがついているライブ4枚入りです。

私からすると、レッド・ツェッペリンは少し遅れてきた人たちなんですね。

年齢は上なんですけど、どう言うわけかそうなんです。

f:id:roba3500:20200426215623j:plain

クラプトンやジミー・ヘンドリックス、ちょっとそれてプロコルハルムの「青い影」とか聞いちゃってたんです。

お前幾つなんだよ、って言われそうですが、だっていい曲なんですよ。

いまでもスマホにはいってるし。

それから学生の頃は西海岸の音楽ブームで、ロギンス・アンド・メシーナを穴があくくらい聞いてました。

 f:id:roba3500:20200428083425j:plain

ハードロックのコテコテの人からは、甘っちょろいと言われそうですね。

ロギンス・アンド・メシーナはダニーズ・ソングです。

ダニーズ・ソングはコピーしました。

アコースティックですけど(^^;;

これやってました。

あとはCSN&Yでしょうか。

やっぱりここは外せません。

ニール・ヤングのアフター・ザ・ゴールドラッシュはピアノで弾けます。

唯一弾ける曲です。

幼児の練習曲みたいなんですよね(笑)

これ本当ですよ、咲いた咲いたチューリップの花が・・♪くらい簡単です。

でもいい曲です。

ちなみに、ニール・ヤングのピアノも幼児並みです(当時)。

 f:id:roba3500:20200428083449j:plain

で、この流れだとイーグルスでしょう。

あの頃の西海岸は、デラニー&ボニーとかもろもろ沢山いましたよ。

ハワイのバンドも聴いてました。

これも西海岸風です。

レコードが残ってました。

ボブ・ディランのバックバンドをやってた、ザ・バンドも何枚かありますね。

 f:id:roba3500:20200428083112j:plain

それから20年後くらいでしょうか、アル・ディメオラのギターに惚れて、オベーションのディメオラ・モデルを購入しました。

しばらく私のメインのギターとしてましたが、ある日ハワイアンに目覚めた人に取り上げられて、その後はハワイアン・ギターの人生を歩んでいます。

f:id:roba3500:20200428081231j:plain

それでもめげない私は、ハーダウェイのアコースティック・ギターを手に入れて、アンプラグド真っ直ぐの道を進んでいます、と言いたいけれど、現在、なが〜い冬眠中です。

f:id:roba3500:20200428081803j:plain

 ボブ・ディランもよく聞いていました。

「風に吹かれて」のレコードジャケットに惚れて、それで買ったようなものですが、これカッコよくないですか!

 f:id:roba3500:20200428083537j:plain

 今見ても、このジャケットのカッコ良さは、なんとも言えません。

胸がザワザワするんですよね〜、、肺炎じゃないですよ(笑)

隣の女性は、最初の彼女です。

それと女性歌手では、キャロル・キングを聞きましたね。

もちろんタペストリーですね。

ミリオンセラーです。

それにつられてジェーム・ステーラーも聞いてました。

新宿の厚生年金会館!?に見に行った覚えがあります。

やたらと手足が長くて、頭が小さくて、宇宙人みたいでした。

ここらはポップス系でしょうか、フォーク系でしょうか。

もちろんボズ・スキャッグスエルトン・ジョンも、初期の頃は聴いてましたが・・・。

ニッティー・グリッティー・ダートバンド(あってます?)も見に行きましたね。

あの頃、あとは誰かなあ〜・・・もう忘れました(^^;;

 

映画「卒業」が流行りました。

ダスティン・ホフマンサイモンとガーファンクルですね。

高校生の頃、通路に座ってみていた覚えがあります。

満席で椅子に座れなかったんです。

主人公が隣の娘と良い仲なのに、その母と不倫するところが理解できなくて、??でしたが、最後のシーンで全てが良いことになって、??は忘れてしまいました。

後日、大人になってから不倫のなんたるかを理解しました。

なにせ50年前の高校生ですから、今の時代の高校生なら立派に理解できることも、当時の私にはちんぷんかんぷんでしたね。

 

しかし語り始めたら長い人生(年寄り)ですから沢山出てきますね。

あれもこれもいろんなことが・・・。

 

遡ると、高校生の頃、「ブルートレインジョン・コルトレーンも聞いていました。

結局30歳くらいの頃サックス買って吹き始めて「思い出のサンフランシスコ」を練習して悦に入っていました。

サックスは吹くだけだったら簡単です。

ギターやピアノと比べると簡単だと思います。

もちろん極めることとは別ですけどね。

 

さて私のギターですけど、現役で6〜7本あります。

どれもちゃんと音は出ますが、なが〜い冬眠中です。

いちばんのお気に入りは、ディメオラ・モデルのギターでしょうか。

価格も私の中では一番かな!?

もちろんこれ以上高いギターは私には似合いません。

マーティンD45はいいなあ〜と思った時期もありましたが、あれ100万円したんですよね、当時。

買えるわけないです、コレクターじゃないし・・・。

 

もっている中で珍しいのは、フェンダーストラトキャストで、練習用のひとまわり小型のギターです。

これいいですよ。

普通のサイズのギターだと、フレット間が遠くて届かないことがあります。

指が短いから。

ディメオラの譜面見ていたら、指が届かないところがありました。

これって物理的に不可能なんですよね(^^;;

f:id:roba3500:20200428081607j:plain

なんだか私、すごく上手な人のように聞こえるかもしれませんが、全くの下手くそです、ホント。

 

もう一本のギブソン335モデルは偽物です。

東海のコピー商品です。

我々の時代のギブソンフェンダーやマーティンは、とても高かったんです。

1$が360円の時代です。

ですけど東海のこの335はよく出来ていて、評価は良かったですよ。

まあ私には重すぎましたけど・・

335だとラリー・カールトンとかですかね。

ラリー・カールトンが出てくればリー・リトナーも出てきますね。

これもコンサート行きました。

どこだったか忘れましたが、、、

f:id:roba3500:20200428081633j:plain

まだまだありますよ、もちろんビートルズローリングストーンズも。

ローリングストーンズは、ジャンピング・ジャック・フラッシュとペインティッド・ブラックをマネて弾いてました。

ビートルズはビルの屋上でゲット・バックを演奏していたのがカッコ良かったです。

映画ですね。

ボン・ジョビの年代の方もいらっしゃいますか。

私は15年くらい前に、CDで聴きました。

なかなか良かったです。

 

いまはブルーノ・マーズとか、一昨年〜昨年はデスパシートを聴きまくっていました。

これはジャスティン・ビーバーが良い曲だ、と言ったことで火がついたんですよね。

アッポーペンと同じですね。

デスパシートは、エンジェルスの大谷翔平選手が、バスの中で日本語で歌ってちょっとだけ有名になりました。

 

語り尽くせませんが、今日はここらで失礼します。

書いていて、とても楽しかったです。

ありがとうございました。

f:id:roba3500:20200428093436p:plain