ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

藤井聡太七段のファンの皆様、良かったですね! 藤井聡太七段 タイトル戦第1局 渡辺明棋聖に勝利!!

藤井聡太七段 タイトル戦第1局 渡辺明棋聖に勝利、です♪

 

f:id:roba3500:20200609113128j:plain

      すごいフラッシュの数、思わず 「 まぶしい!」
 

コロナ騒ぎで延び延びになっていた藤井聡太七段 17歳のタイトル挑戦。

あと2勝に迫っていた第91期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメントで、6月2日は前名人の強敵 佐藤天彦九段を111手で破り、二日後の6月4日は、永瀬拓矢二冠(叡王・王座)という強者に勝利し、今日(6月8日)現在最強の渡辺明棋聖に勝利しました。

とんとん拍子に勝ち進みタイトル戦第1局にも勝って、ますます調子を上げる藤井聡太七段。

このまま一気に突っ走って欲しいです。

 

今日の結果は157手での勝利。

藤井七段が先手で戦型は矢倉の脇システム。

先後同型から角交換の後、藤井七段は棒銀対して渡辺棋聖は藤井陣に角を打ち込み馬を作ります。

角交換から激しい攻防戦になりましたが、藤井聡太七段の冷静な寄せが功を発し渡辺明棋聖に勝利しました。

しかし終盤は渡辺明棋聖の30数手の連続王手が続きましたが、これを藤井聡太七段凌いだ後、渡辺明棋聖が投了しました。

藤井聡太七段は先手番ながら、渡辺明棋聖の得意とする「矢倉」戦型を選択するなど、よくわからん出だしでしたが、それでも勝ってしまうのですからね。

師匠の杉本八段は、数年後には手のつけようがないほど強くなる、と予言しています。

 

f:id:roba3500:20200609113307j:plain

上の写真は感想戦の模様です。感想戦とは、勝負の決着がついてから、二人で振り返りながら内容を吟味することです。 

 

ヒューリック杯棋聖戦は、先に3勝した方がタイトル戦勝利、ということになります。

次は6月28日、第3局は7月9日となっております。

3連勝はなかなか難しいとすると、第4局の7月16日でしょうか。

第5局の7月21日までもつれ込むようだと、大変厳しい状況かもしれません。

すんなり3連勝で決めて欲しいですけどね。

コレばっかしは相手のあることなので難しいかもです。

それも相手が渡辺三冠ですからね、、、現在、最強と言われている人です。

う〜〜ん、ちょっと心配ですけど、我らが藤井聡太七段を信じて、応援して行きたいと思います。