ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

藤井聡太七段 棋聖タイトル戦第3局 渡辺明棋聖に敗れる

藤井聡太七段 棋聖タイトル戦第3局 渡辺明棋聖に敗れる、です。

f:id:roba3500:20200710082325j:plain

 

第91期ヒューリック杯棋聖タイトル戦第3局において、現在最強の渡辺明棋聖に敗れてしまいました。

残念なブログですが書かないわけには行きません。

残念です。

 

これで棋聖タイトル戦2勝1敗になりました。

棋聖戦は全5局で先に3勝した方が勝ちになります。

今回は有利と言われている先手番でしたが、これで負けたのは痛かったと思います。

2勝1敗で勝ち越してはいるものの、タイになったと考えるべきでしょう。

次回の第4局は渡辺棋聖の先手番です。

 

昨日の将棋の内容からして、渡辺棋聖が本気で準備してくれば、そうそう負けることのない実力を見せつけました。

それから藤井聡太七段らしくない慌てた手も見受けられました。

本人は指手を間違えた、と言ってましたが、どうも考えにキレがなかったのが心配です。

やはり疲れが影響しているのではないでしょうか。

厳しい日程、初めてのタイトル戦、騒がしい周りの環境・・・。

体力的なこともあろうかと思いますが、精神的な疲れもまた知らず知らずに体力を蝕んでいると思えてなりません。

疲れると考えは鈍るものです。

いくら好きな将棋とは言え、無言のダメージが心身に影響を与えている気がします。

そうなるとこの先、苦しい日程が楽になるわけもなく、藤井聡太七段にとっては疲労という敵にも勝たねばなりません。

 

ここらが渡辺棋聖藤井聡太七段の違うところなんですね。

心・技・体とは、本当に的を得ていると思います。

こういう経験を経て、ますます強くなっていくとは思いますが、ぜひそうなってもらいたいです。

将棋は負けるほど強くなる、とも言いますが、負け続けている人は強くないし強くはなれません。

ぜひ頑張ってタイトルを奪取してほしいです。