ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

雨が降りますね、 梅雨ですね。

f:id:roba3500:20200712141544j:plain

雨が降りますね。

梅雨ですね。

嫌な梅雨ではありますが、この時期に雨が降らないと農業には困ります。

まあ雨が降るのは仕方ないとしても、大雨、豪雨、洪水、災害はお断りしたいですね。

 

ところで雨って、どうしてなんでしょうか。

ちょっと調べたところ、

漢字表記「梅雨」の語源としては、

・この時期は梅の実が熟す頃であることからという説

・この時期は湿度が高くカビが生えやすいことから「黴雨(ばいう)」が転じて「梅雨」にという説

・この時期は「毎」日のように雨が降るから「梅」という字が当てられたという説

・普段の倍、雨が降るから「倍雨」というのはこじつけ(民間語源)だそうです。

と、いろいろ説があるそうです。

f:id:roba3500:20200712141609j:plain

海外に目をやると、

中国・台湾では、梅雨(メイユー)また「霉雨」という字が当てられることもあり、この「霉」はカビのことであり、日本の「黴雨」と同じ意味だそうです。

やはり中国からの伝来なんでしょうかね。

ちなみに韓国は「장마(チャンマ)」と言うそうです。

気候学的には北海道に梅雨はない、とされていて、これは梅雨前線が北海道に届く前に衰退するからだそうです。

それから陰性・陽性と呼ばれる梅雨があります。

弱い雨がたらたらと長く続くような梅雨を陰性の梅雨と呼び、女梅雨(おんなづゆ)とも言います。

雨が降るときは短期間に大量に降り、降らないときはすっきりと晴れるような梅雨を陽性の

雨と呼び、男梅雨(おとこづゆ)とも呼ぶそうです。

随分差別的ですが、的を得ているとお思いになりますか?

わたし的には、たらたらと長く続いたかと思うとガーっと大雨になってその後またたらたらと続くのが女梅雨(おんなづゆ)のイメージです。

f:id:roba3500:20200712141628j:plain

ところで梅雨の気象記録(Wikipedia)は、

最大1時間降水量

153mm - 長崎県長浦岳 (1982年7月23日、日本の全観測点の観測史上2位)

129.5mm - 福岡県朝倉 (2017年7月5日)

129mm - 静岡県土肥 (2003年7月4日)

127.5mm - 長崎県長崎 (1982年7月23日)

127mm - 鹿児島県枕崎 (2000年6月25日)

とありましたが、今回の大雨で記録更新でしょうね。

 

今日は午後に曇りの予報だったのでバイクで出かけようかと思いましたが、パラパラときたので心が折れてしまいました。

今は止んでいますが、もう一度準備してという気にはなりませんでした。

早く梅雨が明けてくれないかな。

阿蘇に行きたいです、天草にも行きたいです、10年暮らした中国地方もマイNinja400で回ってみたいですね。