ロバブログ

このブログはIT中心にお役立ち情報をお伝えします。わかりやすく、ていねい、しかしシンプルに。

MENU

YouTubeが動画の画質を低くした(コロナ対応)

YouTubeの画質が悪くなったみたい、と思われる方もいるかもしれませんね。

どうもコロナの影響で、YouTubeが低画質にしたと言うことです。

インターネットの利用者が増えたため、自動的に再生される画質を低画質にしたと言うことなので、高画質で見たい人は手動で設定を変える必要があるらしいです。

 

パソコンの場合は、

  • 画面右下の設定(歯車みたいなアイコン)を開いて「画質」を選択する。

    f:id:roba3500:20200730220158j:plain

  • 一覧から「1080p」を選択する(「1080p」がなかったら一番大きな数字を選択)。

    f:id:roba3500:20200730220238j:plain


 

スマホの場合は、

  • 右上の縦に3つ並んだ・を選択する。
  • 画質を選んで、一覧から「1080p」を選択する(「1080p」がなかったら一番大きな数字を選択)。

昨日動画をアップしたが、SD(標準画質)の処理は終わったものの、HD(高画質)の処理がなかなか終わらず、いつもの時間の18:00に間に合いませんでした。

どうもYouTubeの処理が渋くて、もしかしたら負荷が高くて、後回しになっているのかもしれません。

YouTubeは基本的に人気順に序列を作っており、人気のない動画はいろいろ後回しにされる、という話を聞いたことがあります。

こういうところは結構ドライで、やってるのがAIですから、忖度のプログラムが組み込まれていない限りは当然です。

 

人気のある方が稼いでくれるのですから、そこは実力主義ということですね。

Google(YouTubeの親元)からしてみれば当たり前でしょう。

なかなかフェアではあります。

 

私の動画は午後10時前に公開しました。

やはり従来よりHD(高画質)の処理に時間がかかりましたね。